外壁の雨漏り修理は住まいの総合病院

サッシまわりから雨漏り
雨漏り調査 サイディング雨漏り

外壁からの雨漏り修理なら住まいの総合病院にお任せ下さい。

外壁からの雨漏りは外壁だけが原因ではない事が意外に多いです。
壁やサッシ上部からポタポタ雨漏りすると外壁が原因と思いがちですが、
実は窓(サッシ)や集水などが原因になる事も多いので塗装屋さんに頼む前雨漏り修理業者に相談する事を強くオススメ致します。

外壁の雨漏りは基本的にすぐに漏れて来ることはありません。
特にチョーキングや割れなどが起こっても直ちに雨漏れするケースは稀です。
【突然訪問してきた人の何を言われても】慌てずに信頼できる業者に相談して下さい。

ここでは、実際に雨漏りしてしまってご依頼を頂いた事例を見ながら解説します。

外壁のクラックが雨漏り原因

外壁のクラックが原因の雨漏り

目に見えないクラックが原因

殆どの場合は外壁モルタルが割れて、雨水が外壁内部に侵入したことに気づかず
内部の2次防水が劣化したことで雨漏りになるケースが多いです。

特にサッシや窓などがある場合は外壁のクラックから侵入した雨がサッシや窓枠に当たって、
アルミ枠と内装枠材の隙間から雨漏りが出てくる場合があります。

サッシや窓から雨漏りがしてきたと言う場合は殆どがこのケースです。

わかりやすく割れていた場合は発見も早くなりますが、
非常に分かりにくいモルタルの割れの場合は雨漏り原因を特定するのに時間がかかります。

見えないひび割れから侵入

サッシまわりから雨漏り
見えないクラックから外壁内部に雨が侵入し続けたことで、
2次防水が劣化して雨漏りの原因になってました。
表面を塗装しても2次防水側が機能しないので壁を外して作り直す方が完治しやすいです。

塗装工事をする前に雨漏り診断をお申込み下さい。

モルタル下地の外壁の雨漏りに関しては塗装しても直らない可能性が非常に高いので、
外壁塗装を行う前に無料の雨漏り診断をお申込み下さい。
くれぐれも原因不明のまま塗装工事は行わないようにお願いします。
雨漏り診断を申し込む

構造不良が原因の外壁雨漏り

天窓が原因で壁から雨漏り

構造不良が原因の雨漏り

外壁とトップライト上部が池のようになり水位が上がってることが分かると思います。
トップライトをこの位置に配置すればこの状態になると最初から分かりそうな話ですが、
このような物件を何件も見てきましたので意外に多い原因です。

設計ミス?と断言もしにくいですが
【壁からもう少し離すか横幅を小さくすれば】雨漏りしなかったと思います。
上の写真のように雨水をせき止める場所がある方は早めに確認することをオススメ致します。

外壁の雨漏り修理なら住まいの総合病院にお任せ下さい。

外壁の雨漏りを止めるには雨漏り原因を確実に見つける必要があります。
住まいの総合病院では雨漏り診断士が雨漏り原因を見つけ出し修理提案を行いますので、
雨漏りでお困りでしたら今すぐ御連絡下さい。
雨漏り診断を申し込む
住まいの総合病院 連絡先
タイトルとURLをコピーしました