【尼崎市周辺】外壁の雨漏り修理 住まいの総合病院

雨漏り修理を尼崎市でするなら雨漏り診断士が在籍する住まいの総合病院にお任せ下さい。

外壁からの雨漏りについて雨漏り診断士が解説して行きます。
外壁の雨漏りでお困りの方はこのページを少しご覧ください。

外壁からの雨漏りは外壁が原因ではない事が意外に多いです。
壁やサッシ上部からポタポタ雨漏りすると外壁が原因と思いがちですが、
実は窓(サッシ)や集水などが原因になる事も多いので
塗装屋さんに頼む前雨漏り修理業者に相談する事を強くオススメ致します。

雨漏り調査 サイディング雨漏り

散水調査

外壁からの雨漏りは様々な要因で起こります。

外壁の雨漏りでは基本的にすぐに漏れて来ることはありません。
特にチョーキングや割れなどが起こっても直ちに雨漏れするケースは稀です。
【突然訪問してきた人に何を言われても】慌てずに信頼できる業者に相談して下さい。

ここでは、実際に雨漏りしてしまってご依頼を頂いた事例を見ながら解説します。

外壁の雨漏りは気が付きにくい!

外壁からの雨漏りは気が付きにくいのが特徴です。
外壁から染み込んできた雨水は真っすぐ下方向に向かった落ちて行きます。
その際に透湿防水シート(2次防水)などが雨水遮るので
室内側の内装壁に雨が当たらずにシミなどが出来にくいのです。

雨漏りが発生してから時間が経過して防水紙が突破されるか
大雨や台風時に一度に大量の雨水が侵入してきた場合に
初めて外壁の雨漏りが見つかる事が多いです。

外壁の雨漏り被害

 そして残念な事に多くの場合は内部の下地・躯体が腐食して非常に重症になってます。
尼崎市周辺で雨漏りが少しでも気になったら住まいの総合病院に御相談下さい。
(他のエリアの方は近くの雨漏り修理専門店に御相談されることをオススメします)

こんな症状に心あたりがあれば御注意下さい。

外壁の雨漏り症状 初期症状 雨漏り診断士

外壁の雨漏りを起こしやすい原因!

外壁のどんな部分から雨漏りしやすいのかについて簡単に紹介して行こうと思います。

サッシからの雨漏り

これはサッシまわりのコーキングなどが切れて雨漏りする事もありますが、
実際にはサッシ上部の外壁から侵入した雨水がサッシ上部で溜まり
2次防水が劣化・欠損して雨漏りしてしまうケースが多いです。
このケースの場合は散水調査を行いサッシまわりが原因なのか?
サッシ上部からの侵入が原因なのか?を確認する事をオススメしてます。

窯業サイディングの目地・たわみが原因の雨漏り

窯業サイディングの目地に打ってるコーキングが劣化して割れると雨水が侵入しますが、
これも通常は真下に水が降りて行くことでスグには雨漏りになりにくい症状です。
雨漏り調査を沢山行って来ている経験上で言えば、
横貼りサイディングのたわみによって上下の重なりが悪くなり
雨水が内部に入るケースが多いように感じます。

幕板からの雨漏り

外壁の1Fと2Fの間に幕板を入れているデザインの家では
幕板から雨漏りする事が結構あります。
これは1F壁材と2F壁材が異なるデザインの場合に継ぎ目を幕板で隠すケースが多い為、
その幕板の裏側は異なる壁材同士の隙間をシーリングで押さえてる事があるので、
シーリングが劣化すると雨漏りにつながるケースです。

外壁クラックからの雨漏り

これは外壁雨漏りの王道ともいえる状態ですが想像される以上に、
クラックから雨漏りするケースは少ないです。
クラックからの雨漏りだと決めつけずに散水調査を行い位置を確認する事をオススメします。

実は施工不良や構造不良が原因の雨漏りは意外に多いんです。

外壁の雨漏りについて様々な事を言って来ましたが、
実は施工不良や構造不良で雨漏りしている事が結構多くあります。
最後に施工不良や構造不良について少し紹介しようと思います。

施工不良が原因の雨漏り

以外に多いのはサッシまわりの【ブチルテープ貼り忘れ】【ブチルテープ貼り手順違い】
その他にも水切り板金【逆勾配】【ブチルテープ忘れ】など、
目に見えない2次防水に関する施工不良が多いです。

構造不良が原因の外壁雨漏り

天窓が原因で壁から雨漏り

構造不良が原因の雨漏り

外壁とトップライト上部が池のようになり水位が上がってることが分かると思います。
トップライトをこの位置に配置すればこの状態になると最初から分かりそうな話ですが、
このような物件を何件も見てきましたので意外に多い原因です。
設計ミス?と断言もしにくいですが
【壁からもう少し離すか横幅を小さくすれば】雨漏りしなかったと思います。
上の写真のように雨水をせき止める場所がある方は早めに確認することをオススメ致します。

決めつけない事が重要です。

外壁の雨漏りについて色々と言って来ましたが一番大事な事は決めつけない事です。
すぐにコーキングを打とうとする業者や散水調査を行わない業者に雨漏り修理を依頼すると
何度も雨漏り修理を繰り返す事になりましので
必ず決めつけないで散水調査する業者に依頼して
雨漏り原因を見つけてもらう事こそが外壁の雨漏り修理を成功させる秘訣だと断言出来ます。

尼崎市周辺で外壁の雨漏り修理なら住まいの総合病院にお任せ下さい。

尼崎市周辺の方なら住まいの総合病院に御相談下さい。
経験豊富な雨漏り診断士が雨漏りの原因を調査して雨漏り修理を提案させて頂きます。

散水調査で雨漏りを再現して原因を特定
ベランダ 漏水範囲
雨漏り診断(マイクロスコープ)
住まいの総合病院 連絡先
タイトルとURLをコピーしました